2006年10月28日

さわやか三組

3チャンで昔こんなタイトルの番組やっていませんでしたっけ?
関係ないけど。
posted by 半減 at 21:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

今月のVジャンのデジモン

そろそろ岡野先生我慢できなくなったのかな?

それとも浜崎先生の指示かな?

ついにankさんも危惧していたヒロイン汚物まみれの前触れが起こりました。

今回はちょっと、ウンチが顔についただけですが、次回以降は肥溜めに落ちるとかもやってくれるんじゃないなあ。

あんまりデジモンは詳しくないけど、バーチャルでも肥溜めみたいなものあるんじゃないのかな?
posted by 半減 at 16:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

気になったニュース

さっき、ニュースを見てて思ったんですが、「たらいまわし」にされるっていうのは本当に非人道的な行為だと思う。

特に仮にも命を守るはずの存在である「病院」から「たらいまわし」にされるなんてありえない行為だと思います。


ニュースで紹介されていた方は、18件もの病院から「たらいまわし」にされ、脳内出血からおよそ6時間たって、やっと手術がなされたそうです。

しかし、残念ながらその方が意識を取り戻すことはありませんでした。

これを見て私は激しく憤りました。いったい、病院とはなんなんでしょう?命を救う仕事じゃなかったんでしょうか?


私は医者ではないので「たらいまわし」にされずに、直ぐに手術がなされた場合でも、助かるかどうかはわかりません。

ですが、どのような理由があったにしても、6時間という時間を無駄にした行為は褒められる行為でも、称えられる行為でもありません。


私も昔、盲腸を悪くして、病院に運ばれたことがあります。ちなみに時間は午前3時あたりのことです。

午前3時に、昨日からずっと痛かった腹が、さらに痛くなったので、盲腸なのではないかと仮定し、救急車を呼びました。

ですが、なぜかわかりませんが、私が病院に着くことになったのは、発祥から1時間後でした。


その日は丁度、日曜日だったこともあり、さらに時間が時間だったので、どこの病院からも拒否され、「たらいまわし」にされていました。

そんな中、同乗していた救急隊員の方が、怒鳴って病院側に文句を言ってくれたそうです。後日、家族から聞かされました。

その後、家族からこんなことも告げられました。

「もうちょっとたってたら、やばかったらしい」


今こうして考えると、とても恐ろしいです。私はもしかしたら、この場にいなかったかもしれないのです。

こんなこともあってか、私は「たらいまわし」という行為に対して、憤りを隠せなくなっています。

「こんなことが2度となければなあ」と、思っている所存であります。
posted by 半減 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

昨日のもみじや

昨日、もみじやで起きた不謹慎ながら笑ってしまいそうになった行動。


Rさん「デビル・フランケン召喚します」

Kさん「はい、OKです」

Rさん「優先権行使で、5000ライフ払います」

Kさん「じゃあデスカリ効果で無効になります」

Rさん「…」


対戦終了後Rさんに問い詰めたら、デスカリが視界に入らなかったそうです。

メガネを大切にね♪
posted by 半減 at 07:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

バトーン

55さんからバトンもらいました。またも気付かずに放置していたと言う半減の駄目っぷり。55さん本当、気付かないでいてごめんなさい…。


1.回す5人を最初に書いておく。

あーるてぃー
クープランさん
ankさん
葛城抜刀斎さん
sagaさん


2.お名前は?

半減です。変な名前とよく言われます。

3.おいくつですか?

え〜と17歳です。

4.ご職業は?

がくせーです。バイトは一応してる。

5.ご趣味は?

遊戯王TCGとかいろいろ。

あんまりコレと言って好きなものは少ないです。

6.好きな異性のタイプは?

気が合う人ですかね〜。

7.特技は何?

寝ないでいることくらいしかないです。
なんだ私の回答。

8.資格何か持ってますか?

ワープロ検定3級くらいしかないです。

9.悩みが何かありますか?

最近ネタデッキのいい案が浮かばない。

10.お好きな食べ物と嫌いな食べ物は?

好きな食べ物は「甘いもの」。

嫌いな食べ物は「ネギ」。

11.貴方が愛する人へ一言!

死ぬことの無いよう生きていてください。

12.回す5人を指名すると同時にその人の他己紹介をお願いします

あーるてぃー

特に無いや。

クープランさん

毎週ジャンプ感想記事を書いていらっしゃいます。クープランさんのブログでジングルベル逆再生を検索しないでください。

ankさん

ankさんもジャンプ感想記事を毎週書かれています。最近ではデジモンミニやGUN道の感想も書いていらっしゃいます。

葛城抜刀斎さん

バーンデッキ好きな御方です。作成されたデッキは強いのや面白いのがいっぱいです。

sagaさん

考察記事やデッキ案の記事などいい記事満載です。遊戯プレイヤーなら必見です。
posted by 半減 at 04:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

逮捕とデスノート

DEATH NOTE作画担当の小畑健が逮捕されたみたいです。

まさかあの小畑健が逮捕とは…。最近ではDEATH NOTEで人気を博し、他にもヒカルの碁等の有名な作品を書いてきただけに残念です。

これにより今までのDEATH NOTEのグッズなどに、どんな影響が出るのでしょうか?

小畑健自体は容疑を容認しているようです。なんでもナイフを持っていただけとか。まあそれでも刃渡り8・6センチのナイフですからね。本人はキャンプ用と言っていますが、他に準備が無いだけに嘘っぽいです。

刃渡り8・6センチって結構でかいですからね。こんなナイフを持ち歩いていたら、逮捕は仕方ないと言えるでしょう。でも漫画家なんだから資料用ですとかいえばよかったのに。

しかしDEATH NOTEといえばネット界でも大ブームでしたので、これからデスノコラやイラストサイトなどには影響が出るのでしょうか?

そして小畑健を失った集英社はどうするんでしょうか?これからの展開に不謹慎ながらも期待している自分がいます。
posted by 半減 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

関チャン

RT5勝1敗おめ〜。
posted by 半減 at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

田仁志様の奇跡

いやー、発売されましたね。

田仁志様のCD


しかし、いくら田仁志様でもCDが出るとは思っていませんでした…。

どんなものかと思い、さっそく近くのウェアハウスに行って借りてみることに。


〜視聴中〜



いやー聞いてみて思ったのが、

イメージ違う…。でしたね。

まさかこんなに普通な曲だとは…。


私はもっと、「ぬぅーがいーやくるっすもーとらー」とか意味不明なことを言ってるんだろうなーとか思っていたので、ちょっと意外でした。
posted by 半減 at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアーマンの奇跡

最近みんなエアーマンを使ってる。

それはやっぱり強いですからね〜。発売日にはみんな3冊〜6冊買ってましたよ。

まあ私も3冊買いましたが…。やっぱり6冊買った友人はガジェと、グッドスタッフ、二つのデッキに入れたいかららしい。

ビートダウンデッキが二つもあると大変ですね〜。やっぱりそこは仕方ないですが、使いまわしたりすればいいのに不思議ですね〜。

あと、転売目的などで買う人はやはり多いんでしょうか?

そんな方はやっぱり10冊やら15冊やら買ってるんでしょうね。

残念ながらバイト代で日々を生活する学生な私では一月に5000円以上の出費は避けたいです。
携帯代やら学費だわ考えると、お金は足りないからです。


そうえば友人のピンクマさんが「俺は伝説を作るゥゥ」とか言って、あろうことか転売目的じゃなく「融合HERO」デッキに入れるために元々6冊買ってあったエアーマンをさらに3冊購入。

結果エアーマンは9枚らしいです。本当に何やってんだか…。この方はこないだも3万、CDにつぎ込んだと言うのに…。
posted by 半減 at 11:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

このネタを理解できる人はいるだろうか?

ある決闘の話を一つ。


A君は「摩天楼-スカイスクレイパー-」を発動したあと、カードを1枚伏せてエンド。

B君のドローフェイズにA君は罠カード、「機動砦 ストロング・ホールド」を発動。

発動に対しB君は罠カード「虚無を呼ぶ呪文」を発動してきたのでA君は「恐ろしくなってその発動を無視」しました。

そしたらB君は間違えたことに気づいたらしく、しばらく黙って発動した「虚無を呼ぶ呪文」を伏せ状態に戻してきました。

そしてB君はダイ・グレファーを召喚してエンド。

次のターン、A君はカードを3枚セット。豊穣のアルテミス召喚してエンド。

B君のターン、B君は「ドリルロイド」召喚して「機動砦 ストロング・ホールド」に突っ込んできたのでA君は「攻撃の無力化」で防ぎました。

それに対してB君はまた「虚無を呼ぶ呪文」発動してきました。今度は自信満々に。

何回も発動してくるので仕方なく「これは僕に対して発動はできないよ。他の子に発動したほうがいいよ」というA君の心の声を、A君は「何を言っている」の一言で対処。

そしたらB君は「盗賊の七つ道具」で無理やり「ドリルロイド」を突っ込ませてくるようです。

仕方ないのでA君は「神の宣告」を「死ねよこのゴミ糞がー!」と言いながら発動しました。

そしたらB君また「虚無を呼ぶ呪文」を発動。しかも発動条件も合っててヤバそうです。

これを通したらA君の負けなので、A君は最後の手段「誤作動」を発動して「虚無を呼ぶ呪文」をなんとか無効にしました。

次のA君のターン、豊穣のアルテミスで得た大量のアドで、人造人間 サイコ・ショッカーを召喚し、B君の「虚無を呼ぶ呪文」を「無視しつつ」、「ドリルロイド」を攻撃してなんとかA君の勝利。

A君はかなり危なかったようです。ちなみにB君のダイ・グレファーは、A君が「粘着テープの家」を発動して、破壊できると嘘をつき破壊しました。



最後に断っておきますがこれはネタです。実際にはこんな決闘やっていませんし、「A君」「B君」は架空の人物です。
posted by 半減 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

いよいよ

明日はCDIPの発売日ですね〜。

私は買うかどうかわからないけど…。

今回はスーレア以上のカードもそこまでいいのがありませんし、ノーマルやレアも環境を変えるようなカードはないので、いろんな意味で安心です。

でも最近小波はよく頑張ってますよ。

今回のパックにもなんとなく埋め合わせっぽいカードはいっぱいありましたが、集○社と比べたらカードのバランスも最近はよく考えていますし、制限改定もきっちりやってくれています。

最近はプレイヤーのマナーが悪いとか言う話も良く聞きますし、悪いのは遊戯王ユーザーなのかな?


確かに有名な人でもたまにマナーが悪かったり、せっかくコメントしてくれた人に対する反応も、有名な人ならともかく、無名な人のコメントは明らかに面倒くさがってるという人も多いです。

やっぱり初心を忘れないことは大切だなーと思いました。
posted by 半減 at 21:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

唐突に読みたいと思った漫画

・澤井のアシスタントが書いたボーボボ
・見上げてごらん
・原作者も矢吹なTO LOVEる
・小畑が原作、ガモウが漫画のDEATH NOTE
・面白い『斬』
・テニスとハンターの続き
posted by 半減 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

サイトマスターバトン

ankさんからバトンをいただきました〜。以下回答です。



●サイト名を教えて下さい

墓暴きの日記です。

●サイト名の由来があれば教えて下さい

う〜んなんだろう?あんまり由来とか考えずに決めちゃいましたからね…。
強いて言えば、墓が好きだから?

●サイトジャンルは何ですか?

ほぼ遊戯王OCGについての雑記とかです。
ジャンプ感想やってみたいけど、すでにクープランさんとか、ankさんとか、ウッディさんとか、ホチャーソさんとかやってる方多いし意味は無いかも…。

●サイトのこだわりはありますか?

特に無いですね〜。コメント頂いた方の意見はなるべく参考にするようにしていますけど〜。

●このバトンを回す5人

55さん

RT

葛城抜刀斎さん

しぐれさん

shockさん


気づいたら回して下さい〜。

ankさんバトン渡してくれてありがとうございます〜。
posted by 半減 at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

眠さと幸福と

「今の時間は7時」
「私の睡眠時間は0」
「カメレオンクラブの大会が12時」

果たして12時までにカメレオンクラブに辿り着く事は出来るでしょうか?
posted by 半減 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

遊戯王キャラ占い

55さんのところにあったのをやってみた。

以下引用。

半減さんは表クン(表遊戯) です!

● 表クン(表遊戯)のあなたは、物事に対する探求心が旺盛。ひとつのことに凝り出すと、時間も忘れて没頭してしまいます。そうしてできた結果を自慢することない謙虚さも、一方では持っています。普段は物静かでも、勝負時になると人格が変わるところも。自分でも意外な行動を取って、周りをアッと驚かせることもあります。

● 半減さんに幸運をもたらすライトは、ヘッドライトです!

>物事に対する探求心が旺盛。

遊戯王に対する探究心はありますね〜。ブログ書いてますし。


>勝負時になると人格が変わるところも。

闇人格登場!?


と、まあ特に面白い結果はでませんでしたよ、と。
posted by 半減 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

従うバトン

ZINさんankさんに改名したそうです。
私は永遠に半減のままかな〜。タイピングがしやすいから

ところでankさんからマゾチックなバトンが回ってきました。
うわー答えたくねー

〜従うバトン〜

○あなたのブログでの名前は?

半減です。読みも、はんげんです。
とりあえず何にも面白いことは言えないので次行っていいですか?

○あなたのちょっとした自己紹介。

きびしい山中に生まれ岩をも砕くという伝説の巨人!その眼光は鋭く風を起こし巨大なこん棒をふりまわす!血液型はB型 てんびん座!(元ネタをわかる人がいないことを祈る)

○今まででついたヤバイ嘘はなんですか?

「警察?行ってきてないよ?」

○告白したことは?その人は結果も。

1人ならしたことあるけど、結果は惨敗なのでふれない方向で(泣

○ファーストキスは?

ごめんトイレ行ってたから聞いてなかった。

○童貞or処女?

ごめんストレッチマン見てたから聞いてなかった。

○初体験は?

ごめんギニュー特戦隊のグルド
について考えてたから聞いてなかった。

○「私は〜やりました。」〜に言葉を入れて下さい。

私はグルドを調べているとき、こんなグルドを見つけてやりました。

○今なにしてる?

この質問変だなぁ。今何してるってそれはバトン書いてますよ。
あとグルドについて考えてる。

○今なにしたい?

グルドについて3時間ほど誰かと思いっきり喋りたい。

○どうしてですか?

このバトンで度々グルドを連呼しているから。
私だって本当はグルドなんかどうでもいい。

○このバトンを必ず3人以上の人に回してください。その3人は必ずやること。
(どうぞ、ご自由に。っていうのはだめ。3人以上書いたら認める)

ではこの罰ゲームとしかいえないバトンを回します。
回されても私への文句は無しの方向で(何

55さん

RT

きんぴらさん

拒否無しの罰ゲームです。頑張ってね〜。
posted by 半減 at 05:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

テニスの王子様

今回は前回言っていたように、あまりにも長くなってしまったテニスの王子様についての感想を述べます。
まずこの漫画は大きく分けて3通りの見方があるといえます。


・1つ目は「正統派スポーツ漫画」としてみた場合です。


残念ながらこの漫画を「テニスをこれから始めるからためしに読んでみよう。」とか、「テニスを題材にしてる漫画だからサーブの打ち方とかあるかな〜?」等の考えで入ってきた場合、最悪テニスをやめる事態に陥るかもしれません。
例えるなら遊戯の心の迷宮に入ってしまった御伽の親父みたいに、一瞬にして心をやられてしまうといった感じでしょうか。


特に「同調(シンクロ)」などをいきなり最初に見た場合、かるく病院送りになるといっても過言ではありません。


・2つ目は「キャラ萌え」な漫画として見る場合です。

私もあまり詳しくは知りませんが、この漫画はキャラクターの人気が強く、ファンサイトのイラストページなどは結構盛り上がっているそうです。

氷帝のキングこと跡部様の断髪式のときなど、「越前は法律違反の糞野郎」とか言う声も聞こえたとか。
まあキャラ萌えとしてみるならこの漫画をみるのも悪くは無いでしょう。


・やっと3つ目になった。3つ目の見方は、「テニスバトル漫画」としてみる場合です。

この見方で見るのが普通であり、この世のテニスファンの9割はこの方法で見ていると確信しています。
この漫画をなぜバトル漫画としてみるかというと、普通のテニス漫画と違い個人個人が独立した特殊能力を持っているからです。

この特殊能力というのは、例えるなら「念能力」や「スタンド」見たいなものです。
この特殊能力には名称がありません。当ブログでは仮に「テニヌ能力」と呼ぶことにします。

「テニヌ能力」は修行しだいで増やすことができます。もちろん増やすだけではなく、もともと持っていた「テニヌ能力」に付加して能力をつけたり、
ただ威力だけを増やすことができます。
おそらく修行方法によって異なる進化が可能なのでしょう。

簡易ですが代表的な「テニヌ能力」の紹介をします。



○無我の境地 《使用者》「越前リョーマ」「手塚国光」「千歳千里」「切原赤也」「真田弦一郎」「幸村精市」「越前南次郎」

本人以外の「能力」をコピーする。ただし「手塚ゾーン」はコピーできない。
使用中は体をオーラが纏う。極めればオーラを操ることが可能。発展系に
「百練自得の極み」「才気煥発の極み」「天衣無縫の極み」がある。
体力の消費が激しいのが弱点。



○同調(シンクロ) 《使用者》「大石秀一郎」「菊丸英二」

ダブルス時のみ使用できる。ダブルスパートナーと魂を融合することで、相手の身体状況や考えていることを共有することができる。
使用中は低空だが浮遊することができ、その精神は雲の上に行っているらしい。(おそらく使用者の体は無意識のうちに自動操縦になっている)



○手塚ゾーン 《使用者》「手塚国光」「越前南次郎」「越前リョーマ」

相手の攻撃してきたボールを風と回転で操作し、自分のところに引き寄せることができる。
テニスという世界では半ば反則っぽい能力。風を操るという自然界に反した行為から、「無我の境地」ではコピーすることができない。
またこれを発展させれば、相手に幻覚を見せることも可能らしい。

さらにオーラを組み合わせることで宇宙空間から隕石を降らせることができるらしい。
そしてさらに恐竜を絶滅させる幻覚を組み合わせることで相手に、テニスに対しての恐怖心を植えつけることができる。



○四種の返し球(フォースカウンター) 《使用者》「不二周助」

相手の攻撃を無効にしカウンターで攻撃する。
4つのカウンター1つ1つには名称があり、「つばめ返し」「羆落とし」「白鯨」「蜉蝣包み」という。

この内の「蜉蝣包み」には追加効果があるので別の項目で紹介する。



○蜉蝣包み 《使用者》「不二周助」

ボールの回転を全て無にし、コート上の「時を遅延」させる。
このとき外部からは「時が遅延」しているように感じず、普通に時が流れているように感じる。
「遅延した時」はコート上の使用者以外の運動エネルギーを最小まで削り、ボールの動きと対戦相手の「動き」を著しく低下させる。

これにより相手の思考力までは低下しないため、ボールがすぐそこにあるのに届かないという屈辱感を相手に与えることができる。



○菊丸印のステップ 《使用者》「菊丸英二」

使用者の「分身」を作り出す。「分身体」は本体の考えで行動し、その質感は本物同様。
「分身体」は体力も力も本体と並行し、本体の体力が尽きれば分身も消える。欠点として体力の減りが激しいという点がある。



○洞察力 《使用者》「桃城武」

指定した人間や物体の心を読む。人間の心を読んだ場合、読まれた人間は心理状態が筒抜けとなるので使用者からの攻撃を防御することは難しい。

物体の心を読んだ場合、その物体をある程度操作することができる。
物体操作をすることで自分以外の試合の場合でも、照明を落としたりすることで仲間のアシストをすることができる。

物体操作の発展系として、雲や風の心(軌道)を読むことで天候を操作することもできる。(ウェザーリポート)
これにより風を吹かせボールの軌道を操作したり、雨を降らせ仲間のアシストをすることができる。



○波動球 《使用者》「河村隆」「石田鉄」「石田銀」

オーラと火薬を爆発させその遠心力によりボールの球速、破壊力を増大させる。
波動球はその総称であり、タイプを分けると「両手波動球」「片手波動球」「ダッシュ波動球」「ジャンプ波動球」となる。

「両手波動球」はオーラの消費は少ないが威力がやや鈍り、「片手波動球」はその逆となっている。
「ダッシュ波動球」「ジャンプ波動球」は上記の「波動球」の発展系であり、名前のとおりダッシュは移動しながら、ジャンプは飛躍しながら波動球を打ち出す。
もちろんそうする事によって、「波動球」の威力は格段に上がる。



○縮地法 《使用者》「木手永四郎」「田仁志慧」「平古場凛」「知念寛」「甲斐裕次郎」「不知火」「新垣」

指定した場所に瞬間移動する。
地面をけることによってオーラを爆発させて移動する。それにより移動までの時間は1秒もかからないほど早く、体力的消耗も少ない。
欠点として地面をけるという性質上、横移動に対して「縮地法」を使うことはできない。

だが「木手永四郎」だけは修行により驚異的な「バランス感覚」を持ち、全方向への「縮地法」を完成させる。



○ビックバン 《使用者》「田仁志慧」「木手永四郎」

サーブ時のみ使用できる。オーラを爆発させボールの破壊力を増大させる点は「波動球」と同じだが、「制約と誓約」(その事にしか使わないと遵守することで威力をあげる)により威力をあげた。
その破壊力は絶大であり、食らった相手はガット越しでも吹っ飛ぶほど。
肉体に直接食らった場合、吐血はもちろん場合によっては死に至るほど。

しかしこれまでの解説は「田仁志慧」が使用した場合であり、「田仁志慧」の類まれなる体格や、修行により培ったものである。
よって「木手永四郎」が使用した場合や、「無我の境地」、「純粋なる心」でコピーして使用した場合、波動球より少し威力が強い程度のものになる。

単純な能力に見えて使いこなすには修行が不可欠であり、その点では「手塚ゾーン」と同じでコピーできない能力である。



○無心 《使用者》「忍足侑士」

文字通り心を「無心」にし、「洞察力」等の能力を無効にする。
それ以外に特に効果は無く、厳しい修行をしてまで欲しい能力とは思えない。
「持っていたらいつか役に立つなぁ」程度の能力。

ちなみにこの能力を使用するためには文字通り「無心な心」が不可欠であり、たとえ「無我の境地」をもってしても「無心な心」がなければコピーできない。


○純粋なる心 《使用者》「樺地崇弘」

対戦相手の「能力」をコピーする。
コピーするには条件があり、「1.相手との試合中」「2.相手が試合中使用してきた能力」の状態で無ければならない。
コピーするときにはその「能力」の理解力、難易度によりコピーするまでの時間が変わる。(例えば「波動球」等の簡単な技はすぐに覚えられ、「百練自得の極み」等の強力な能力は覚えるのに数分〜数十分かかる。)

その代わりコピーできる能力に上限は無く、基本的に何でも覚えられるが、使用者本人にかかる「反動」まではコピーできない。
(例えば菊丸などの「分身」をコピーした場合、使用者が「菊丸」より体重、体系が大きい場合、使用者への負担は「菊丸」と均等にはならない)

ちなみにこの能力を使用するためには文字通り「純粋な心」が不可欠であり、たとえ「無我の境地」をもってしても「純粋な心」がなければコピーできない。



○氷の世界 《使用者》「跡部景吾」

相手の死角を使用者の優れた眼力によって視認し、そこにボールを打つことによって、使用者とボール以外の「時を止める」ことができる。
「時を止める」ことによって相手は打ってきた打球に反応することができず、気づいたときには負けている。
使用中の特徴として、相手の死角に「つらら」を降らす。それを攻撃することによって「時を止める」

ちなみに「時を止める」ことができる時間は、漫画内の描写からおよそ0.5秒程度と推測できる。



○百練自得の極み 《使用者》「手塚国光」

「無我の境地」の発展系の1つ。能力をコピーするだけでなく攻撃の威力や回転力を倍にして相手に返す、最高のカウンター技。
使用時の特徴として「無我の境地」使用時のオーラを利き手1本に集める。それにより「無我の境地」の欠点である「体力の消費」を最小に抑えることができる。



○才気煥発の極み 《使用者》「千歳千里」

「無我の境地」の発展系の1つ。未来を予知し、あらかじめ試合内容やラリーの様子を見ることによって、どの攻撃や何球目で相手を倒せるかどうかを見ることができる。
また相手の行動を予測することによって相手の攻撃への対応力もアップする。
使用時の特徴として使用者のオーラが光り輝いて見える。


代表的なのはこのくらいです。強力な能力が多いですが、どれも一長一短で、強すぎる攻撃の前にはやられてしまいます。


・まとめ

結局のところ「テニスの王子様」は、正統派テニス漫画としてみるのは間違いであり、テニスによるバトル漫画としてみることをお勧めします。
posted by 半減 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

ジャンプの話(※長いです)

週刊少年ジャンプは私が毎週読んでいる漫画ですが、この漫画は入れ代わりが非常に激しい漫画として有名です。
「編集部は人気が無い漫画は慈悲を与えずすぐに打ち切り新しい漫画から当たり漫画がでるのを探している」とかよく言われていますね。

ちなみに今現在連載中の漫画はこんな感じです。
「ONE PIECE」
「NARUTO─ナルト─」
「BLEACH」
「アイシールド21」
「テニスの王子様」
「家庭教師ヒットマンREBORN!」
「銀魂─ぎんたま─」
「HUNTER×HUNTER」
「D.Gray-man」
「魔人探偵脳噛ネウロ」
「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
「太臓もて王サーガ」
「みえるひと」
「べしゃり暮らし」
「ボボボーボ・ボーボボ」
「メゾン・ド・ペンギン」
「謎の村雨くん」
「To LOVEる」
「エム×ゼロ」
「ツギハギ漂流作家」
「ピューと吹く!ジャガー」

この22作品です。
ちなみにジャンプでは人気の無い漫画は掲載順が下がり、人気がある漫画は掲載順が上がるというシステムをとっていると言われています。

では1作品1作品の個人的な感想でも書いていきましょう。
ちなみに決してZINさんのジャンプ漫画批評をパクったわけではありません(嘘


1.ONE PIECE

いまやジャンプの看板と言われるほど人気がある漫画。
その知名度は知らない人がいないと言われるほどです。読者層も子供から大人まで幅広いです。

ですが個人的な感想ですとこの漫画は不快でしかありません。
正統派冒険バトル漫画だかなんだか知りませんが、ろくに修行をしている描写も無いのになぜか強くなっていったり、肉で傷を回復。
さらには主人公が熱くなったせいで仲間を危険にさらすなど、いい所がありません。
私にはなんでこの漫画が人気なのかが解らない。

まあ人間的に少なからず成長している描写もあるのでそこまで嫌いなわけではありません。単行本とかでみると、ストーリーがよくわかり、結構面白くなります。無駄に長いバトル描写も気になりませんしね。

2.NARUTO─ナルト─

ジャンプの看板2。これもかなりの人気があり、知名度もかなりのものです。

別に人気がある漫画が嫌いというのではありませんが、この漫画も私にとっては不快です。
ワンピースと同じで主人公が熱くなったせいで仲間が危険になったりする所も嫌ですし、特に決められたルールも無く何でもありな「術」も嫌いです。

ワンピースと違って主人公の成長する描写も無く、危なくなったら九尾で解決。
正直ワンピースより嫌い。なんで人気があるのか解らない。


3.BLEACH

個人的にはかなり微妙。別に好きなわけでもないし嫌いなわけでもないです。
結構バランスもよく主人公もそこまで自分勝手なわけじゃない(多分)のですが、なんか微妙。
たぶん微妙な理由はキャラクターや道具の名前だと思う。
なんか小奇麗すぎて好きになれない。あといちいちサブタイもカッコつけすぎのような気がする。

ちなみにタイトルのBLEACHってどういう意味なんだろう?
漂白剤のことかな?


4.アイシールド21

現ジャンプ唯一のスポーツ漫画。
さすがに原作者と漫画が別なだけあって展開に無駄が無く面白い。

人間の成長性もいい感じで表現されていていいと思う。
スポーツ漫画なだけあって展開がある程度読めるという所があるので読者の期待を裏切るようなことはしませんが、ストーリーもちゃんとしているので悪くない。

でも正直この漫画はジャンプ以外で連載したほうがいいと思う。
編集部に無理やり内容を変更されて、面白くなくなる可能性があるジャンプよりは、サンデー辺りに移ってのびのびとやってほしいです。


5.テニスの王子様

あまりにも長い感想になってしまったので次記事にて紹介。


6.家庭教師ヒットマンREBORN!

最初はドタバタラブコメ漫画みたいな感じだったんですが、ここ最近になって急にバトル路線に走り出した漫画。
ギャグ漫画としてみてもバトル漫画としてみても中途半端な感じがする。

とりあえず漫画の展開はかなり無理やりな感じで良くないのですが、この漫画に登場する「キャラクター」は人気があり、イラストサイトなどは結構賑わっています。

こういう所から人気がありアンケートの結果も良いのでしょう。


7.銀魂─ぎんたま─

ジャンプの中でも結構面白い良漫画だと思う。
ギャグは面白く、シリアスな辺りもまあ結構良くは描かれている。

でも普通すぎて感想が書けない。私も結構好きな漫画なので続いてほしい。


8.HUNTER×HUNTER

ジャンプのバトル漫画の中で唯一面白い作品。(テニスをバトル漫画と数えない場合)
戦闘ルールもしっかりしていて人間性の描写もちゃんとしているので駄目な所が無い。

過激描写が多いのでPTAから目の敵にされているとか言ううわさを良く聞きますのでちょっと心配。

休載についてなのですが、これについては、いろいろなうわさがあります。
「休載中に内容を練りに練りまくっているからそんなに凄い漫画ではない」とか「ゲームに熱中してサボっている」とか「同人誌の仕事が忙しい」などです。

あくまで「うわさ」なのですが、富樫先生の休みっぷりを考えるとただの「うわさ」では無いかもしれません。


9.D.Gray-man

悪くは無いと思う。絵も綺麗ですし、ストーリーもそんなに無駄があるとは思えない。
キャラクターも非常に個性的で良く感じます。

それでも人気が出ないのはちょっと休みすぎなのと、あまりにも話しがダークすぎるからでしょうか?

私は結構好きなんだけどな〜。


10.魔人探偵脳噛ネウロ

推理物の皮を被った単純娯楽漫画として有名な作品。
もちろん、ストーリー自体も面白いですが、犯人の豹変具合も面白いところ。

犯人達の犯行動機に共感できない点や、ドラ○もんのように便利な道具で「謎」を解決するなど、あらゆる意味で他の推理系漫画を超越している。

犯人の中では「至郎田正影」が印象的。ドーピングコンソメスープ以上の衝撃はこれからもないでしょう。


11.ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

いちいち設定が多すぎる漫画。「地獄の六王」だとか「地獄の四賢者」だとか「地獄の十本刀」だとか多すぎる。
出てくるキャラクターも多く、その上魔法律の刑までいっぱいあるのだから、後々設定に伏線があったとしてもわかる分けない。

キャラクターは主人公以外が雑魚って感じ。主人公が強すぎて他のキャラの活躍が見れずつまらない印象もある。

あと、魔法律協会の描写があまりにも駄目すぎます。こんなに駄目な組織は他にないよ。


12.こちら葛飾区亀有公園前派出所

正直つまらない。毎回毎回同じようなネタとオチで飽きないはずが無い。
この作品が続いているのは、長く続きすぎたのが原因。
「あまりに続きすぎて打ち切りにできないとか」、「ジャンプのいい収入源だから」とか「うわさ」はいろいろあります。

ちなみにこの作品はジャンプの「ボーダーライン」と言われている。
つまりこの作品より掲載順が後ろだと打ち切りの可能性があるということです。


13.太臓もて王サーガ

この漫画はいわゆるパロマンガ。
他の作品の名(迷)場面や名(迷)キャラ等をネタにしている。結構嫌いな人も多く賛否両論分かれる作品です。

好きな人の理由は単純に面白いからでしょう。私もジョジョネタが出るたびに胸が躍ります。
嫌いな人の理由は「好きな漫画がパロディにされた」とか「他の人のネタで笑いとって恥ずかしくないのか」とか「下ネタが下品」等でしょう。

特に「好きな漫画がパロディにされた」は有名な月刊少年漫画「鋼の錬金術師」をネタにしたことからも少なからず批難は受けていると思う。


14.みえるひと

なんで続いているのかがわからない。
ただでさえ霊をネタにした作品はジャンプ内でも「BLEACH」「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」とすでに2作品にかぶっているのに。
まあ多分同盟とかが活動しているおかげなんだろうけど。

作品自体はかなりつまらない。
霊をネタにした作品は有り余るほどあるのに別に変わったところも無く、話自体もドラゴンボール方式(敵を倒してもすぐに次の敵が現れる)なだけ。

修行している描写がほぼ無いのにもかかわらず、ただの「陽魂」であるエージがアニマと呼ばれる強力な「陰魂」に勝てるとか設定を無視しすぎている。

さっさと「スマートにいこうぜ」とかなんとか言って終わってほしい。


15.べしゃり暮らし

一言で言うなら「ジャンプ向けの漫画ではない。」
下ネタワードを平気で使い、あまり子供が興味を持たない「お笑い」をテーマにしていることから、この漫画は青年層向きだと思う。

漫画自体は結構面白く、人間ドラマやお笑いに対する追求など面白い要素はいろいろある。
ただ残念ながら、ジャンプでこの画風は厳しいと思う。

あとは休載癖も直してほしいところ。
遅筆なのはわかるけど、あんまり待たせると忘れられちゃいそうな漫画なので。


16.ボボボーボ・ボーボボ

方向性としてはバトルギャグ漫画らしいがネタなどが古すぎてつまらない。
最初から大亜門先生みたいに他ネタをもっとやっていけば良かったのに、中途半端にネタをパクるから子供には受けてもそれ以上の人には受けない。

読みきりのときは反響が良かったらしいですが、このテンションを続けて行くのは難しいでしょう。
まあ漫画自体はキャラの名前は適当で、絵もお世辞にも綺麗とは言えないのでテンションさえあれば漫画を維持するのはそう難しいことではないと思いますが。

ちなみに最近では掲載順位がかなり下がっています。
もともと過激表現も多く、アニメ化しても「スポンサー0で放映」とか「子供たちに見せたくない番組第9位」だとか汚名しか付かなかったので、さっさと「汚名挽回」、「名誉返上」して消えてくれないかと思っています。


17.メゾン・ド・ペンギン

ジャンプの掲載順は関係なく常に7ページ程度で「アニ基地」後あたりに掲載されている、特に面白みも無くつまらなくもない、微妙にいらない漫画。
作者の自虐ネタもつまんないし。

新しいことにチャレンジする心意気はいいんですが、それだけじゃジャンプに入る価値はないと思います。

18.謎の村雨くん

今ジャンプにある漫画の中で一番かわいそうな漫画。
この漫画が連載された当初、私は「NARUTO」に対する皮肉的な意味も含めて結構期待していました。

ですがそこはバトルさせるのが大好きなジャンプ編集部。
見事に「謎の村雨くん」をバトル漫画に仕立て上げてしまいました。

まあ実際はどうだか知りませんが。
もしかしたら最初からいとうみきお先生はこの漫画をバトル漫画にしたかったのかもしれません。

もしこの作品が「花形楓」が監視役ではなく、1話1話を銀魂みたいなノリでやっていたらもっと人気が出たかもしれないのに…


19.To LOVEる

単純にみるならエロマンガ。私が嫌いなジャンルです。

でも主人公の設定はあの極悪非道、漫画史上、最悪の主人公「真中」に比べたらぜんぜん許容範囲。
でもあまりにもエロすぎると、個人的主観で申し訳ないですが、この漫画の評価はかなり落ちます。

それでも絵の綺麗さや「ザスティン」のキャラの良さのおかげでそんなに不快にはならない。
絵もあの知欠先生なので、面白みはあると思います。


20.エム×ゼロ

こっちは「To LOVEる」と違って主人公とヒロインの正統派のラブコメディみたいです。
そのかわりキャラクターの印象の大きさは「To LOVEる」の方が上。
私は最近まで主人公の名前すら覚えていませんでした。

ストーリーのほうは無駄が無く面白い。
あと全体的に1ページ毎のコマ割りが多い。
1ページ毎に7〜8コマある。なんか叶先生が心配になるなぁ。

確か前の「プリティフェイス」も「作者が限界だから打ち切られた」とか言う、うわさもありましたし。


21.ツギハギ漂流作家

おそらく「ワンピース」や「NARUTO」にかなりの影響を受けていると思われる作品。
主人公のライバルキャラのような少年が、胸に大穴を空けられたとしても次週には傷が回復している。
というか傷が無かったことになっている。そんな漫画です。

傷が回復しているなら「ワンピース」でも良くあることですが、さすがに傷が無かったことになっているだとジョジョの世界になってしまいます。
スタンドならそのぐらいのことも可能ですからね。(例、クレイジー・ダイヤモンド、マンダム)

とりあえず打ち切りになったとしても主人公の必殺技や数多くの漫画へのパクリ疑惑は後々の世にまで語られるでしょう。
そういった意味では良漫画。


22.ピューと吹く!ジャガー

この漫画には、たまに表現に過激描写がある場合がありますが、そこを除けば非常に面白い作品。

安定した笑いがとれますし元ネタもほぼ無いのでパロマンガが嫌いな人も読めると思う。

たった7ページほどの連載なのに結構休載が多いですが「ボボボーボ・ボーボボ」のようなその場のノリなだけのギャグや、
「太臓もて王サーガ」のようにパロも使っていないのに、ここまで面白い作品を描けるということを考えれば納得であると思う。


以上ジャンプ連載漫画の感想です。
しかし次の打ち切りはどれでしょうかね。それを考えるだけでもわくわくします(違

鉄板でいくなら「べしゃり」あたりだろうけど、また休載になって話のスピードが遅れるということもありえる。
そうなると本命は「ツギハギ」ですかね。とりあえず今の展開的に終わりそうですし。
posted by 半減 at 23:45| Comment(9) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

そうだった…。

CGTの決闘島制限でワイルドコントロールが使えない…。

それは「グラビティ・バインド−超重力の網−」が入っているから…。

でも昔と違って今はバインドは入れておいたほうがいいしなぁ。

CGTでのワイルドコントロールの調整はとりあえず地道に「非1kill」にチェックを入れて気長にやるしかないですかね。

CGTといえば「時計塔CGT」が再開されましたね。

私が気づいたのは再開されてから4日後の15日という大変失礼なことをしてしまいましたが…

ということで最近は時計塔のほうでやらせてもらっています。
今は名前を「半減」で…

前はなんか適当なのを貼り付けたりしてたんですが、今回はちゃんとしたかったので「半減」に。

あっ、一応言っておきますが「半減」というのはこのブログを書いている者の名前です。
posted by 半減 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

バトン

55さんからバトンをいただきました。記事を書かれたのが19日なのに私がバトンをまわすのが23日という失礼な結果。


1.回す人5人を最初に書いておく。

◇クープランさん

◇RT

◇きんぴらさん

◇ZINさん

◇遊介さん

2.お名前は?

半減です。最近友人から改名してパンダにしろとか言われてます(笑

3.おいくつですか?

17歳です。まだまだ子供ですね。未成年なのでお酒も煙草もえっちな話題もできません。

4.ご職業は?

学生です。飛び級とかいう、あ○まんがとかハ○テとかの漫画に出てくるようなことは無く、普通に高校生です。

5.ご趣味は?

遊戯王以外ですと散歩です。ジジくさいとか暗いとかよく言われますがやってみると結構いいものですよ?

6.好きな異性のタイプは?

気が合えばいいです。多少わがままな人でも問題ありません。

7.特技は?

何でしょう? 掃除ですかね。掃除してると楽しくなります。特技とはちょっと違うような気がしますが。

8.資格、何か持ってますか?

ワープロ検定の4級位しかありません。英検へのチャレンジはいつもお金が無いであきらめてしまいます。

9.悩みが何かありますか?

人間関係で。カード仲間は特に問題ないのですが、学校の友人に自己中心的思考を持つ人がいて困っています。基本的にジョークが通じない人は嫌いです。

10.お好きな食べものとお嫌いな食べものは?

・好きな食べ物はケーキです。食べていると心が洗われます。

・嫌いな食べ物はネギです。幼少の頃からコレだけは無理で幼稚園の先生に怒られてた様な気がする。

11.貴方が愛する人へ一言

いつまでも生きていてください。

12.回す人5人を指名すると同時に、その人の紹介を簡単にお願いします。

クープランさん

ジャンプの感想とデッキメイクが見所です。アクセス解析ではなぜかいつも「ジングルベル逆再生」が上位に名を見せます(笑

RT

友人。亜版好きで最近友人に「亜版中毒者」と言われてました。RTとのフリーは楽しいです。

きんぴらさん

RTの友人。

ZINさん

私と関わりが無いのですが私が一方的にリンクしているので回します(ぇ
ZINさんの遊戯王記事やジャンプ感想は見ごたえがあります。たまに記事に為されるジョジョネタは爆笑物です。

遊介さん

ZINさんと一緒の理由でバトンタッチ(何
デッキ紹介やパック考察などを為さっています。ご自分のデッキ「スコーピオンナイト」を研究為されています。


ということでバトン回しました。気づいた方はバトン持って帰ってやってください。今なら(というより何時でも)半減が嬉しがります。
posted by 半減 at 07:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。