2008年02月25日

アームズ・ホールとドグマガイ

先日、調整中のルールについて紹介しましたが、今日ルール事務局の方に問い合わせたところ回答を頂いたので、紹介したいと思います。


Q「アームズ・ホール」の発動をカウンター罠等で打ち消した場合、「アームズ・ホール」の「このカードを発動する場合、このターン自分はモンスターを通常召喚するができない」効果は適用されますか?

A.「マジック・ジャマー」等の効果によって、「アームズ・ホール」の発動自体が無効になった場合、通常召喚を行う事ができます。


発動が無効になったら誓約が破棄されるのはクロス・ソウルの例から想像はしていたので、この裁定になってよかったです。


Q.「D−HERO ドグマガイ」を特殊召喚した次の相手ターンのスタンバイフェイズに適用される、「相手のライフを半分にする。」効果の適用前に、相手が「D−HERO ドグマガイ」のコントロールを得た場合、「相手ライフを半分にする効果」はどうなりますか?

A.「D−HERO ドグマガイ」を特殊召喚した次の相手ターンのスタンバイフェイズ時に、特殊召喚したプレイヤーのフィールド上に存在しない場合、相手ライフを半分にする効果は発動しません。


発動自体がされない模様。エネコンで奪ったとしても、効果も自分のものにできる、というわけではないようですね。


Q.自分の「D−HERO ディアボリックガイ」が公開情報(墓地やフィールド、除外ゾーンなど)に2枚存在している場合、墓地の「D−HERO ディアボリックガイ」の効果を起動できますか?

A.調整中。


これは調整中でした。残念。
posted by 半減 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

調整中なルール

ルールを質問した人ならよく耳にするだろう、「ただいま担当部署に確認をとっております〜(以下略」みたいな言葉。
多くのブログではこういった言葉を、「調整中」と表現しています。

ですが、「調整中」は遊戯王ユーザーにとって非常に迷惑。
普段使われないようなマイナーカードのルールならまだしも、度々使用されるカードのルールや、「これがルール的に有りなら新デッキ作れね?」的な問題が調整中はさすがに知りたいところ。

昔から「調整中」については解決するわけもなく、現在進行形でユーザーにとって悩みの種となっておりますが、さて、現在困る「調整中」はどんなカード、場面が挙げられるのでしょうか?


1.アームズ・ホール

これは最もポピュラーな調整中ルールの例ですね。
このカードの「調整中」は、『「アームズ・ホール」の発動を、カウンター罠等で打ち消した場合、制約効果である「通常召喚」は破棄されるのか』という点です。
また、類似例として、『「トーチ・ゴーレム」の特殊召喚を無効にした場合』等があります。

まあ簡単に言えば『アムホを神宣されたターンに召喚ってできんの?』ってことです。

これが調整中だと、パーミやパキケガジェなどとアムホ入りのデッキが決闘した場合に困ってしまいます。
こういった状況、場面は、この環境少ないとはとても言えないので、できれば解決してほしいところです。


2.D−HERO ドグマガイ

マジエク1KILLなどで使用されるカードです。ぶっちゃけコストにされることが多いんですが、まあ召喚機会もそこそこにあると思います。
このカードの「調整中」は、『スタンバイフェイズに適用される誘発効果使用前に、「エネミーコントローラー」でコントロールを得られた場合、「D−HERO ドグマガイ」の効果はどうなるのか』という点です。

簡単に言えば『ドローフェイズにドグマをエネコンで奪われたらどうなんの?』ってことです。

こういった状況も少ないながらあると思うので、ルール的な解決を求めたいところです。


3.D−HERO ディアボリックガイ

主にターボ系のデッキで使用されるカードです。
このカードの「調整中」は、『公開情報に「D−HERO ディアボリックガイ」が2枚存在している場合、墓地の「D−HERO ディアボリックガイ」を除外して効果を起動させることができるのか』という点です。

簡単に言えば『空打ちってできんの?』ってことです。

ダムドを入れているデッキにとっては、これができるかできないかで戦略等が変わってくるでしょう。一刻も早く「調整中」が直ればいいなあと思います。



主に問題なのは以上の3例ですね。これらの「調整中」を解いてくれないと、結構困りものです。
お願いだから早く解決してね小波さん。
posted by 半減 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

ゴーズと神宣とガンナーと魔デッキ

ちょっと気になったことがあったのでメールしてみた。


Q.「ガンナー・ドラゴン」の効果により、生け贄無しで裏側守備表示でセットした場合、「魔のデッキ破壊ウイルス」のコストにできるのでしょうか?

A.生け贄無しでセットされた「可変機獣 ガンナードラゴン」は裏側表示の場合、攻撃
力2800として扱われる為、「魔のデッキ破壊ウイルス」を発動する為のコストとし
て、裏側守備表示の「可変機獣 ガンナードラゴン」を生け贄に捧げる事ができます。


これは宴さんが疑問に思っていたので一応。裁定変わってなくてよかった。


Q.「冥府の使者ゴーズ」の効果により、相手から戦闘ダメージを受けダメージステップに特殊召喚した場合、その特殊召喚を「神の宣告」で無効にし、破壊することはできるのでしょうか?

A.
「冥府の使者ゴーズ」の自身を特殊召喚する効果にチェーンをして、「神の宣告」を
発動する事はできません。


はにわさんが聞いてたみたいだけど私も一応。


Q.「冥府の使者ゴーズ」の効果により、特殊召喚したカイエントークンを対象に「収縮」を発動させることはできますか?また、発動できる場合、カイエントークンの攻撃力は半分になりますか?

A.「冥府の使者カイエントークン」は、特殊召喚された時の攻撃力が元々の攻撃力として扱われます。よって、「冥府の使者カイエントークン」を対象に「収縮」を発動した場合、特殊召喚された時に決定した元々の攻撃力を半分にします。


シルドやっぱりできるってよw
これ知ってれば勝てたかもしれないのに残念だね。
posted by 半減 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

ルール《光と闇の竜》

先週の土曜日にコナミに「光と闇の竜」の効果についてメールをしたんですが、ようやく返信が来ました。


Q.このモンスターの「このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にする。」という効果について質問します。この効果はルール上、どの効果に分類されますか?

A.「光と闇の竜」のカードの発動を無効にするという効果の種別は、誘発即時効果になります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

Q.このモンスターの「この効果でカードの発動を無効にする度に、このカードの攻撃力と守備力は500ポイントダウンする。」という効果について質問します。
この効果は「光と闇の竜」のテキスト欄に書かれている、「このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にする。」という効果のコストという扱いになるのでしょうか?それとも効果という扱いになるのでしょうか?

A.調整中

――――――――――――――――――――――――――――――――――

Q.コスト扱いの場合、ATK、又はDEFが500下げられない状況になった場合、「このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にする。」という効果は発動できないのでしょうか?

A.調整中

――――――――――――――――――――――――――――――――――

こんな結果でした。
とりあえず誘発即時効果ということで、天罰等で無効にできる(カウンター罠は無効にできないということ)ことはわかりましたが、未だにコスト扱いかどうかは分かりませんね。

これで少しは回答が出ましたかね?
posted by 半減 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。