2007年10月13日

亀田家

木曜日に放送された「WBCフライ級タイトルマッチ」ですが、やっと見ることができました。
いやーなんか機会がなくて見れなかったんですよねー。

で、感想なんですが、なんですかあれ?本当にこれはボクシングの試合なの?

冒頭から全く興味のない亀田家の話が1時間ほど続き、やっと試合だと思ったら一方的すぎてつまらない。
途中のポイントでも内藤が有利すぎて「大毅弱いなー」とか思ってたんでハラハラもドキドキもしませんでしたし。

そして問題の12ラウンドです。あろうことか大毅は内藤を持ち上げ、投げようとしました。
??????意味が分かりません。


もちろん反則食らってましたが、こんなことを平気でやるなんて大毅はボクシングをなんだと思ってるんですかね?
「ルールを利用する」のはわかりますが、「反則」はやってはいけませんよ。
仮にも幼い頃からやってる競技なんですから、ボクシングに対する愛情はあったと思うんですけどねぇ。

で、今日のニュースを見てみたらなんと、亀田父や亀田興毅が反則を促していたと言うではありませんか。
私はこれを見て最悪な気持ちになりました。
おかしくないですか?長年やってきた「ボクシング」という競技において、親であり、コーチである人間が「反則」を促すなんて。


まさにこれは『何をしてでも「ボクシング」で勝てばいい』という歪んだ想いの象徴であり、今までの試合の中でもこのような行為が行われていたということを表していると思います。

それはそうですよね。反則を促しているのは「親」なんですから。他の試合でも俗に言う「八百長」や「反則」をやっている可能性がないなんて、どうして言えましょう?

今までの荒っぽい口調や、挑発行為に常識外れな行動。さらに今回の騒動。
いったい何時からボクシングはこんなことが許されるようになったのでしょうか?
まあ、元々セコンドに親兄弟がいるのもどうかと思いますけどね。これだけでも立派な反則ですよ。ていうか興毅氏ってセコンドライセンス持ってるんですか?


どうも亀田親子はボクシングをプロレスと勘違いしてる節があると思います。
といっても、プロレスは挑発などの「掛け合い」が面白いのであって(あくまで主観です)一方的に亀田親子が騒いでいるのは、ガキ大将が騒いでいるのと変わりませんけどね。


そして、亀田親子には厳しい処罰があるのとのことですが、いくら厳しい処分を受けたところで、今回の騒動は消えません。
亀田親子がボクシングを馬鹿にしたことは事実です。これから先、悪い見本としてボクシング界でしばしば話題に出されるかもしれません。

本当に「最悪」ですね。ニュースを見てこんなに「最悪」な気持ちになったのは久しぶりです。
しばらくの間はボクシングは見ないかもしれません。またああいう輩がでてきて「最悪」な気持ちになるのは嫌なので。
posted by 半減 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。