2008年08月02日

LIMITED EDITION 13

気付いたら応募者全員やっていたという…。

ということで、暇つぶし解消の意味もこめて、感想でも垂れ流しますか!


1.ジェネクス・ニュートロン

ついに出やがったか、チューナーサーチ系モンスターといわざるを得ない。
でも制約が大分付いているので、集○社にしては考えて作った方じゃないでしょうか?

でもなあ、機械族のチューナーと指定は厳しいけど、自身の攻撃力は1800と高いし、これから機械族のチューナーで良カードが出れば、一気に制限指定レベルになっちゃう可能性があるからなあ。
タイムラグがあっても、この効果は召喚したターンにしか、追加召喚できない遊戯王ではあんまり関係ないし。

テキスト的に誘発効果っぽいし、シンクロデッキにとっての強力なサポートカードになりそうですね。


2.A・O・J サイクロン・クリエイター

うわ、こいつニュートロンで呼べるじゃん…。
地味だけどハリケーン効果がウザイですね。魔法・罠を手札に戻す効果は、自分のフィールドまで効果が及ぶ場合、早すぎた埋葬やエンジェルリフト等(ディスク蘇生)で悪用ができちゃうのがなあ…。
属性、種族共に優秀なので、ニュートロンと共に、シンクロデッキで暴れることも十分ありえそうですね。


3.魔轟神レイヴン

光属性・悪魔族って、もはや珍しくもなんともないですね。
効果のほうは、自身のレベルと攻撃力調整という、シンクロ系のカードが出る前だったら「微妙」と言われそうな効果です。
でも今ならシンクロ召喚のときのレベル調整に便利ですね。手札を捨てるのは結構痛いけど。



以上、3枚。

あれ?3枚しかないの?今回ちょっと枚数少なくないですか?


…あーそうか、ちょっと前にLIMITED EDITION 12が出たからか。
そう考えると集○社はどれだけユーザーに金使わせれば気が済むんだろう。

それでも買っちゃうんだけどね…。
posted by 半減 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。